戦車が登場する映画 会議室

HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■743 / inTopicNo.1)  愛する者の名において
  
□投稿者/ ATF -(2001/07/07(Sat) 23:25:13)
    監督はあの「冒険者」「追想」のロベール・アンリコ。
    歴史に翻弄され悲しい運命を辿るユダヤ人男性マルタン・グレイの半生記。
    主演はマイケル・ヨーク。TVドラマ版で3本組全編300分です。
    で、登場する戦車ですが、以前カキコした「愛と動乱のワルシャワ」と同じ
    ようなシーンが使用されています。しかしながら厳密に同じシーンはなく、
    それぞれ別々のシーンを使用しているようです。戦車はT34/85.マズル
    ブレーキ付き、一部キャタピラ防御用スカート付きです。独軍戦車役として
    ワルシャワ蜂起シーンに登場。その後主人公が所属することになるロシア
    赤軍戦車役としても出演?しています。JS−3型も登場しますが「ヨーロッ
    パの解放」か何かのシーンの使い回しです。
    あと、ハノマグ(OT810?)が登場しますが、前述の「愛と動乱のワル
    シャワ」ではノーマルタイプでしたが、こちらではM3ハーフの機銃座みたい
    な妙な銃座が操縦席右側に装着されているタイプが登場します・・・いったい何?

引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

Pass/

HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索

- Child Tree -