戦車が登場する映画 会議室

HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索

[ 親記事をトピックトップへ ]

このトピックに書きこむ

■947 / inTopicNo.1)  Re[11]: 遠すぎた橋
  
□投稿者/ Dirlewanger -(2005/08/02(Tue) 01:19:10)
    > ATFカ観察力には感銘するしかありません。
    > そういえば、脱走山脈のオープニングのW号戦車の出演確認も
    > obisanさんでしたっけ。
    遠すぎた橋カルトの皆さん はじめまして ところでこの映画にはM−47も出てきます.例の英独軍がはじめて対戦車戦闘するシーンです.このスチール写真が,PANZER誌1977年8月号にでています.
引用返信 削除キー/
■882 / inTopicNo.2)  Re[10]: 遠すぎた橋
□投稿者/ まなぶん -(2002/09/21(Sat) 12:46:08)
    ATFさま。確認しました。
    確かに出てますねレオパルド・・・全然気がつかなかったです。
    obisanさんの観察力には感銘するしかありません。
    そういえば、脱走山脈のオープニングのW号戦車の出演確認も
    obisanさんでしたっけ。

引用返信 削除キー/
■880 / inTopicNo.3)  Re[9]: 遠すぎた橋
□投稿者/ ATF -(2002/09/11(Wed) 01:45:52)
http://www.enpitu.ne.jp/user4/47402/
    こちらの戦車会議室に書き込むのも久しぶりです。
    さて、先日行われたzachさん壮行OFFの席上、obisan技術大佐殿よりご指摘の
    あった「遠すぎた橋」の新発見をobisan技術大佐殿に代わり報告します。
    ナイメーヘンの橋を巡る攻防で、クック少佐指揮の82空挺部隊が橋を制圧し、
    英30軍団の先発部隊のM4戦車が橋の渡河を始めた時、ルードビッヒ少将が
    橋の爆破を指示するシーンで、一瞬ですが橋に仕掛けられた爆薬の上を通る謎の
    戦車・・・どおもレオパルと戦車らしい・・・が映っています。ホンの数秒のことで
    DVDのコマ送りでobisan技術大佐殿が発見されたものです。
    さて、いったいどう言うシュチュエーションで、このシーンは撮影・挿入された
    のでしょうか・・・?
    http://isweb41.infoseek.co.jp/novel/deathboy/picstock2/ayasiitank.jpg
引用返信 削除キー/
■763 / inTopicNo.4)  Re[8]: 遠すぎた橋
□投稿者/ Dorsai -(2001/09/16(Sun) 22:15:04)
    > 私はドイツ軍ファンなのですが、エドワード・フォックスのファンなので
    > このゲームだけは英軍第30軍団担当です(笑)

    →私も、エドワード・フォックスのファンです。
    デ・ガウル大統領暗殺を描いた「ジャッカルの日」以外にも、「空軍大戦略」のRAFパイロット(パラシュート降下して温室を壊してしまう)や、「ナヴァロンの嵐」のイギリス軍SASコマンド?(爆破の専門家)役が印象に残っています。
引用返信 削除キー/
■741 / inTopicNo.5)  Re[7]: 遠すぎた橋
□投稿者/ AKIRA -(2001/06/16(Sat) 15:48:57)
    > Dorsai さん
    4号じゃなくて、パンテルですか、なるほど、そう見えます。

    > どきてさん
    今更ですが、フランス軍のMk61自走砲をビデオで確認しました。
    自走砲がさりげなく混ぜてあるところが、この映画を作った方々のセンスですね。

    ありがとうございました。

引用返信 削除キー/
■715 / inTopicNo.6)  Re[6]: 遠すぎた橋
□投稿者/ コウ中村 -(2001/05/16(Wed) 23:58:30)
http://member.nifty.ne.jp/~rouman/
    > 例のマーダー2モドキですが、西ドイツ連邦軍で使われていた
    >CC2装甲弾薬運搬車ではないかと思います。
    > 最初観た時、オチキス偵察装甲車が元かと思ったんですが、こちらは
    >転輪が5ツ。CC2はこれの転輪を一つとっぱらった様な全装軌車で、
    >可能性が高いです。

    自分で書いたログが変だった事に気がつきました(^^;)。
    僕の上の文ではCC2とオチキス偵察装甲車が全然別の車輛みたいですが、同じ系列の
    車輛です。もとはオチキスSPz. クルツというシリーズ名(SPz.は装甲戦闘車の略)で、
    転輪が片側4輪のシリーズと5輪のものと両方あるようです。CC6は4輪のものの別名の
    ようです。
    最近、本棚の奥からPanzer誌1977年8月号が見つかりまして、これに「遠すぎた橋」
    登場車輛の簡単な解説が載っており、これに「ホチキスCC6/SPz.Kurz」と解説
    されておりました。「合衆国最後の日」に登場したミサイル付き戦車もやはりこれが
    母体のようです。
     また「映画の中の戦車」HPのどきてさんもデルタ出版の「世界の装軌車輛」という本で
    片側4輪のものがSPz. クルツと解説されているのを確認されたそうです。
     なをこの装甲車の母体は1951年に開発されたオチキスTT6(転輪は片側4輪だが上構がクルツ
    と違っている)との事。Panzer誌1986年2月号に写真と記事有り。
    WEB上で「SPz.Kurz」で検索すると海外のサイトで何件かヒットし、5輪のものは写真も
    載っています。尚以前1/87でロコとロスコフからプラモも出ていました。ロスコフの方は
    4輪のものもCC2の名で出ておりました。
    多分CC2〜6の間で微妙にタイプが違うのかもしれませんが、細かい所まで分からないの
    が残念です。
引用返信 削除キー/
■455 / inTopicNo.7)  Re[9]: 遠すぎた橋
□投稿者/ Unteroffiizer -(2000/12/08(Fri) 00:42:10)
    まなぶんさん こんにちは

    > ウンター・デン・リンデンの「ウンター」に「オフィツィア」
    > というのは英語で言う「officer」でしょうか?

    まさにそのとおり英語で直訳するとUnderofficer、日本語に直訳すると「下士官」
    になります。通常は「伍長」または「軍曹」と訳されます。下士官最下位という
    意味では伍長ですが、分隊長級なので、米軍のSergeantと同等で「軍曹」の
    方が適訳かもしれません。でも私は仲間から伍長と呼ばれています(笑)

    > 付録ゲームの「ドイッツェランド・ウンター・ゲルト(うろおぼえ)」が
    > 大好きで、兄と毎日のようにプレイしてました。

    すごいですね!私戦略級ゲームが出来る人尊敬します!!
    私はもっぱら、戦術級、作戦級、戦術作戦級でした。

    > エウロパってのは問題ないのでは?木星の衛星の名前にもあったような。

    ギリシア語ならエウロパなんですが、このゲームの主旨から行くとドイツ語の
    はずで、「オイロパ(オエロパとする人もいます)」となります。
    GDW WHITE DEATH のWoeler将軍もパウル・カレルの「焦土作戦」では
    ヴェーラーになっています。ウムラウトのoeは表記ではエになります。
    ドイツ軍が出てくるゲームはドイツ語もかじっておく必要がありますね

    > 連合軍で勝てる可能性があるんでしょうか?

    確かに連合軍で勝ったことはなかったですね(笑)

    > 私はマイケル・ケインがよかったですね。E・フォックスのファンというのは
    > デ・ガウル暗殺計画(ジャッカルの日)の影響でしょうか(笑)。

    E・フォックスはまさにそのとおりです。彼は本物のホロックス将軍にちょっと似て
    いて、また服装もしっかりと再現してて良かったです。
    M・ケインは戦車隊がドイツ軍の対戦車砲に攻撃されたあとのシーンで
    「失望するのはまだ早いよ。こんなのはまだまだ序の口さ」というセリフが
    印象に残っています。

    最近「遠すぎた橋」を観るときは"CLOSE COMBAT2 A Bridge too far"をやるとき
    です(笑)
引用返信 削除キー/
■453 / inTopicNo.8)  Re[8]: 遠すぎた橋
□投稿者/ まなぶん -(2000/12/05(Tue) 23:19:34)
    こんばんは

    > Unteroffizier(ウンターオフィツィア)と申します。

    失礼な質問でした。お許しください。
    で、どういう意味でしょうか?
    ウンター・デン・リンデンの「ウンター」に「オフィツィア」
    というのは英語で言う「officer」でしょうか?

    > グラブナー大尉というのはもしかして「タクテクス」誌の影響でしょうか?

    うーむ、、、記憶にないです。でもそうかも。タクテクスなつかしいですね。
    毎月発売がとても楽しみでした。
    付録ゲームの「ドイッツェランド・ウンター・ゲルト(うろおぼえ)」が
    大好きで、兄と毎日のようにプレイしてました。

    > 「タクテクス」誌は迷訳が多く、フランスの著名な戦車将軍をデ・ガウルと
    > したり、Europaをエウロパと表記したり、結構笑えます。

    大統領にまでなった人を「デ・ガウル」とはトホホですね。フランスの有名人
    ベスト5には入りそうな人なのに。
    エウロパってのは問題ないのでは?木星の衛星の名前にもあったような。

    > 私も学生時代シミュレーションゲーマーで、HJの「マーケットガーデン作戦」を
    > やるときは、前日必ず「遠すぎた橋」を観て、気分を盛り上げたものでした。

    このゲームは私のゲーム歴初期の作品ですね。少ないこづかいをはたいて買いま
    したよ。でもドイツ軍はアルンヘムやナイメーヘンに強力なスタックを置いて
    後方に支援砲兵を配置すれば絶対に突破されなかった覚えがあります。
    連合軍で勝てる可能性があるんでしょうか?

    > 私はドイツ軍ファンなのですが、エドワード・フォックスのファンなので

    私はマイケル・ケインがよかったですね。E・フォックスのファンというのは
    デ・ガウル暗殺計画(ジャッカルの日)の影響でしょうか(笑)。
    戦車の発言がなくてすみませんでした。
引用返信 削除キー/
■450 / inTopicNo.9)  Re[7]: 遠すぎた橋
□投稿者/ Unteroffiizer -(2000/12/05(Tue) 00:02:57)
    ↑上の分、しくじりました。削除キーを入れ損なったので、お手数ですが
    消去してください

    こんにちは まなぶんさん

    Unteroffizier(ウンターオフィツィア)と申します。

    グラブナー大尉というのはもしかして「タクテクス」誌の影響でしょうか?
    確か第6号空挺作戦特集の「アルンヘム強襲」記事にそう書いてあったと
    思います。Graeber(aeはaのウムラウトです)なので、英語読みをすると
    そうなると思います。
    「タクテクス」誌は迷訳が多く、フランスの著名な戦車将軍をデ・ガウルと
    したり、Europaをエウロパと表記したり、結構笑えます。
    GDWのWHITE DEATHの日本語解説書にはWoeler将軍をボエラーと表記して
    大爆笑でした(笑いすぎ?)
    私も学生時代シミュレーションゲーマーで、HJの「マーケットガーデン作戦」を
    やるときは、前日必ず「遠すぎた橋」を観て、気分を盛り上げたものでした。
    私はドイツ軍ファンなのですが、エドワード・フォックスのファンなので
    このゲームだけは英軍第30軍団担当です(笑)

引用返信 削除キー/
■440 / inTopicNo.10)  Re[5]: 遠すぎた橋
□投稿者/ まなぶん -(2000/12/01(Fri) 00:47:35)
    Unteroffizierさんはじめまして。
      ↑  はなんて読むのでしょうか(失礼な質問お許しを)。
    ドイツ語ですよね。

    > 残念ながら、グレープナー大尉(指揮官)と老少尉の関係は原作にはありません。

    そのとおりですね。原作は「遙かなる橋」ですね。最高に面白いです。

    > 私自身は士官学校の生徒と教官の関係だったのではと思っております(笑)
    > また、第9SS戦車師団ホーヘンシュタウヘンは外国系ドイツ人が多かったので
    > 彼らの信頼を勝ち得たグレープナー大尉と外国系ドイツ人の親分格というのも
    > あり得るかと思います。

    なるほどするどい読みですね。遠すぎた橋のグラブナー大尉(だと思ってた)は
    台詞もないですがすごく存在感ありましたね。公開時に見ました(小学生なの
    にそんなの見るな!)が、彼が死んじゃうシーンは心に焼き付きましたね。

引用返信 削除キー/
■360 / inTopicNo.11)  Re[4]: 遠すぎた橋
□投稿者/ Unteroffizier -(2000/11/04(Sat) 15:30:16)
    > >指揮官が装甲車で炎に包まれるのを助けにいこうとする部下の動きにはぐっとくるものがあります。
    > このシーン大好きです。
    > 親子ほど歳の離れた指揮官(年下)と部下(年上)なんですよね。
    > 劇中で何も語られていない分、いろんなドラマを想像させてくれます。
    > 指揮官と部下、どういう関係だったんでしょうね・・・・。
    >
    > その1、指揮官と部下、実は親子だった。
    >
    > その2、実は10年前、教え子と教師の関係だった。
    >
    > その3、指揮官の戦死した父親が親友だった。
    >
    > その4、指揮官が、行きつけの飲み屋の女将の息子だった。
    >
    > その5、指揮官と部下、実は・・・・・。
    >
    >
    > あ、原作読めばいいのか・・・・・?

    残念ながら、グレープナー大尉(指揮官)と老少尉の関係は原作にはありません。
    私自身は士官学校の生徒と教官の関係だったのではと思っております(笑)
    また、第9SS戦車師団ホーヘンシュタウヘンは外国系ドイツ人が多かったので
    彼らの信頼を勝ち得たグレープナー大尉と外国系ドイツ人の親分格というのも
    あり得るかと思います。
引用返信 削除キー/
■257 / inTopicNo.12)  Re[6]: 遠すぎた橋
□投稿者/ コウ中村 -(2000/10/18(Wed) 23:51:54)
http://member.nifty.ne.jp/~rouman/
     こちらでははじめまして、コウ中村です。
     例のマーダー2モドキですが、西ドイツ連邦軍で使われていた
    CC2装甲弾薬運搬車ではないかと思います。
     最初観た時、オチキス偵察装甲車が元かと思ったんですが、こちらは
    転輪が5ツ。CC2はこれの転輪を一つとっぱらった様な全装軌車で、
    可能性が高いです。
     あと、これにチラッと出てくるM10はカウンターウェイト付き長砲身
    の付いてるイギリス軍仕様の、アキリーズなんですね。
     米英戦車、自走砲の中でダントツにカッコいい車輛なのに、炎上役
    でしか出てないのが勿体無い・・・
     でも動かないとこの映画では他に使い様がないからしょうがない
    ですか・・・。


引用返信 削除キー/
■200 / inTopicNo.13)  Re[5]: 遠すぎた橋
□投稿者/ ラヴァ -(2000/09/15(Fri) 00:12:20)
    私は何と言ってもファイアフライ(モドキ)に尽きます。
    HVSS,VVSSおかまいなしにファイアフライ風長砲身に改造という
    ゴーカイさが好きです(笑)。
    その後、ちょっと戦車に詳しくなるとファイアフライは中隊に1〜2両しか
    配備されないと聞いてガッカリしたモンです(爆)。
    M4A4という設定で75ミリ砲塔はそのまんまでも良かったのになぁ・・

    ホロックス中将が視察するシーンから一連の機甲部隊前進シーンには、今でも
    胸が躍ります!
    実物、レプリカ戦車共、装備品を多数載せている美術さんには脱帽モンですね!!

引用返信 削除キー/
■174 / inTopicNo.14)  Re[4]: 遠すぎた橋
□投稿者/ HIDEO -(2000/09/11(Mon) 14:00:14)
    <どきて さん>
    初めまして。HIDEOです(HP毎回楽しく拝見させて頂いてます)。

    >橋の上のマーダー2だけは、どうしても正体がつかめません。
    恐らく、仏製か(又はソ連製?)の空挺兵員輸送車(パラシュート降下するやつです)が元車両なのではと、思ったのですが…。
    但し、中学生の頃写真を見ただけなので間違ったらすみません。

    > 劇中で何も語られていない分、いろんなドラマを想像させてくれます。
    > 指揮官と部下、どういう関係だったんでしょうね・・・・。

    私は、<その5>に期待しちゃいます(爆)。

引用返信 削除キー/
■173 / inTopicNo.15)  Re[3]: 遠すぎた橋
□投稿者/ どきて -(2000/09/11(Mon) 03:59:45)
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/5523/
    >「アーヘムを壊滅せよ」という命令をするシーンの後ろに
    >ちらりと入る後ろ姿の自走砲が好きです。
    正体は、フランス軍のMk61自走砲ですね。
    >他のシーンでは出てきてないですよね?
    ちらりと出ています。
    前半、連合軍が林の中から不意打ち食らうシーン、林の中に1両います。
    中盤、橋に向かうドイツ軍を正面からとらえたショット、一番奥にもいます。

    >指揮官が装甲車で炎に包まれるのを助けにいこうとする部下の動きにはぐっとくるものがあります。
    このシーン大好きです。
    親子ほど歳の離れた指揮官(年下)と部下(年上)なんですよね。
    劇中で何も語られていない分、いろんなドラマを想像させてくれます。
    指揮官と部下、どういう関係だったんでしょうね・・・・。

    その1、指揮官と部下、実は親子だった。

    その2、実は10年前、教え子と教師の関係だった。

    その3、指揮官の戦死した父親が親友だった。

    その4、指揮官が、行きつけの飲み屋の女将の息子だった。

    その5、指揮官と部下、実は・・・・・。


    あ、原作読めばいいのか・・・・・?
引用返信 削除キー/
■158 / inTopicNo.16)  Re[2]: 遠すぎた橋
□投稿者/ どきて -(2000/09/10(Sun) 17:35:54)
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/5523/
    >その中に本物そっくりの8tハーフトラックが居たように思います。
    本物の12tハーフです。
    橋の上のマーダー2だけは、どうしても正体がつかめません。
引用返信 削除キー/
■153 / inTopicNo.17)  Re[1]: 遠すぎた橋
□投稿者/ Dorsai -(2000/09/10(Sun) 13:29:25)
    > あと何の改造だかわかりませんが、4号っぽい改造をした
    > 戦車が街中を破壊するところも、
    > ヨーロッパの市街戦の感じがあって見所だと思います。
    > 「あっ」っていう人の倒れ方にも混戦の様子が伺えます。

    → あの戦車は西ドイツ軍のレオパルド1型にベニヤ板を張って、パンテルに見せかけているのではないでしょうか?

    >
    > それと、橋を強行突破しようと試みる
    > 寄せ集めのような装甲車群も好きです。

    → その中に本物そっくりの8tハーフトラックが居たように思います。
    最近この映画を見ていないもので、うろ覚えですが・・・

    > マーダっぽい自走砲も見受けられます。
    > どれがどれっていう設定はあるのでしょうね。きっと。
    > 指揮官が装甲車で炎に包まれるのを助けにいこうとする部下の動きにはぐっとくるものがあります。
引用返信 削除キー/
■152 / inTopicNo.18)  Re[1]: 遠すぎた橋
□投稿者/ AKIRA -(2000/09/10(Sun) 12:34:45)
    かなりたくさん戦車が登場する映画ですが、
    中でも、橋のたもとで、
    「アーヘムを壊滅せよ」という命令をするシーンの後ろに
    ちらりと入る後ろ姿の自走砲が好きです。
    他のシーンでは出てきてないですよね?

    あと何の改造だかわかりませんが、4号っぽい改造をした
    戦車が街中を破壊するところも、
    ヨーロッパの市街戦の感じがあって見所だと思います。
    「あっ」っていう人の倒れ方にも混戦の様子が伺えます。

    それと、橋を強行突破しようと試みる
    寄せ集めのような装甲車群も好きです。
    マーダっぽい自走砲も見受けられます。
    どれがどれっていう設定はあるのでしょうね。きっと。
    指揮官が装甲車で炎に包まれるのを助けにいこうとする部下の動きにはぐっとくるものがあります。
引用返信 削除キー/
■4 / inTopicNo.19)  遠すぎた橋
□投稿者/ bouze -(2000/09/03(Sun) 07:46:54)
    この映画に登場する戦車についてご意見をお待ちしています。
引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>
Pass/

HELP 新規作成 新着記事 トピック表示 検索

- Child Tree -